アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  左うちわで暮らすの意味とは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貯金もいっぱい貯めて、余生を左うちわで暮らしたい・・・。




ほとんどの方が、このような思いをもっていることでしょう。



この言葉は、いったい、どういう意味なのでしょうか?



これも情景を考えてみるとわかります。




ところで、皆さんの利き手はどちらですか?


ちなみに私は右手です。

世界的に見ると、右利きの方が左利きより多いと言われています。



実は、右利きの方を対象とすることで、初めてこの言葉の意味が見えてきます。



どういうことかわかりませんよね。


簡単に説明します。




1 右利きの方を対象にしてできた言葉

2 「左手でうちわをあおぐこと」=「左うちわ」



を前提で次の話を見てください。




右利きの方は、暑くてうちわであおぐ時、普通は右手であおぎます。


これは、どちらかというと深刻な状況です。



では、「左手でうちわをあおぐ」=「左うちわ」だと、どうなるでしょう。



右利きの方が、左手でうちわをあおぐと上手にあおげません。(中には上手な方がいますが・・・。)

これは、どちらかというと、それほど暑くはなく、余裕やゆとりがある状況です。



このことから、

「左手でうちわをあおぐ」 = 「左うちわ」 ということは、


余裕やゆとりがある 


という意味になります。




このことが転じて、左うちわで暮らすとは、


生活に苦労せず、余裕をもって暮らすこと


といった意味になりました。




この言葉は、相手に対して使うと失礼に当たります。


例えば、

「社長、左うちわで暮らせていいですね。」

これを言われた社長は、

「何の苦労もしてないみたいじゃないか!!」

と思います。

自分に対して言ったほうが無難かもしれませんね。




小話を一つ


よし、貯金を20,000円ずつしていけば、50年後には1,000,000円だ。


左うちわで暮らせるぞ!!


次の1ヶ月後。

よし、貯金を10,000円ずつしていけば、50年後には500,000だ。


そして、1年後・・・。


よし、1円ずつ貯めていけば・・・





























関連記事
スポンサーサイト
コメント
奥が深い!
言葉の世界って奥が深いですね。本当に。

右手であおっても左手であおっても上手くあおげる方を世間では「両手利き」というんだそうです。

それにしてもこの言葉、話相手にはあまり使わない方がいい言葉ですね…;;

2012/11/07(水) 22:24:03 | URL | 宮 ゆきの #- [ 編集 ]

宮 ゆきのさんコメントありがとうございます。

私も言葉について調べていくうちに、意外なことがわかってびっくりしています。

両手利きの言い方は知りませんでした。

ありがとうございます。勉強になります!!

おっしゃるとおり、相手に対して使うと、言葉の詳しい方なら、何の苦労もしていないように取られるので控えたほうが良いと思います。

軽いジョークならいいですけどね。

これからもお互いブログ頑張りましょう!!

また、覗きますね!!

2012/11/07(水) 23:12:35 | URL | おじ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。