アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  怠(なま)け者(もの)の節句(せっく)働きとは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普段は何もしてないのに、休日に限って働いてるよ。

怠け者の節句働きだな!!



あまり、嬉しい言葉ではありませんね。


この言葉は、いったいどういう意味なのでしょうか?


そもそも、節句とは何なのでしょうか?



節句は、奈良時代の頃に中国から伝わったとされています。


昔は、民間の神事とされ祈りを共にすることで人々の絆を深める行事でした。


また、疲れた体に鋭気を養う日だったとも言われています。


江戸時代以前には節句も数多くあったそうですが、江戸時代のころに幕府が五節句を定め、その5つの日だけを公的な行事・祝日の日と定めました。


それが現代にも伝えられています。



つまり、節句というのは昔は休みだったのです。



このことから、



普段みんなが休んでいる日に限って、忙しそうに働く人のこと



を意味するようになりました。




ここで、五節句を簡単に紹介します。



1月7日 (人日(じんじつ)の節句) 七草の節句   >
 


七草粥(せり・なずな(ぺんぺん草)・ごぎょう(ハハコグサ)・はこべら(はこべ)・ほとけのざ・すずな(かぶ)・すずしろ(大根))を入れて飲んで、一年の無病息災を願う


3月3日 (上巳(じょうし・じょうみ)の節句) 桃の節句



ひなまつりを飾って、桃の花を活けて、女の子の健やかな成長を願う。


ちらし寿司と蛤の吸い物を食べるとよいと言われているそうです。


お菓子としては、菱餅や雛あられを食べますね。



5月5日 (端午の節句) 菖蒲(あやめ)の節句



外に鯉のぼりをつるし、室中には五月人形や甲冑・甲を飾って男の子の健やかな成長を願う。


お菓子としては、ちまき・柏餅を食べますね。


菖蒲湯に浸かるという風習もあるようです。



7月7日 (七夕(しちせき・たなばた))  星祭



短冊に願い事を書いて、笹につるします。


できるだけ、織姫と彦星に見えるように長い竹に吊るすのを小学校でやった記憶があります。


この日の夜だけ、織姫と彦星が一緒になるという中国の言い伝えもあります。


そうめんを食べる風習があるのは知りませんでした・・・。



9月9日 (重陽(ちょうよう)) 菊の節句


菊花酒を飲み、邪気を祓(はら)い長寿を願います。






怠け者の節句働きといっても、現代にとっては失礼な言葉に当たるかもしれませんね。


















関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。