アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  羊頭狗肉(ようとうくにく)の意味とは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「うちは、いい鳥肉を使ってるよ。」

ある中国の肉加工業者の話である。

実際のところ使われていた肉は、ねずみやキツネの肉だった。

羊頭狗肉とはこのことだ。



さて、この四時熟語、いったい、どういう意味なのでしょうか?


羊頭:羊の頭

狗肉:犬の肉


という意味です。


実は、この四字熟語も語源があります。



それは、羊頭をかかげて狗肉を売る。(出典 無門関)



が由来だと言われています。




つまり、外見は羊に見せかけて、中身の肉は犬の肉を売っていた ということです。



このことから、



見かけは立派であるが、実質は違っていることのたとえ




という意味で使われるようになりました。



中国の肉加工業者の偽装問題に、ぴったりと当てはまる四字熟語ですね。



語源から考えると、



見かけが悪くて実際は良い出来である



という逆の用例では使えません。



このことは注意が必要ですね。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。