アクセスカウンター
ことわざ 慣用句  の 紹介  「かきいれ時」とは?

ことわざ 慣用句  の 紹介 

”日々の気になることわざ 慣用句を日記を通して紹介 ” 気ままな暮らしぶりも併せて載せています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの商店は、正月がかきいれ時だ。

このかきいれ時とは、どういう意味なのでしょう?



これは、ひらがなでなく漢字に書き表すと意味が分かってきます。



かきいれ時の漢字は、掻き入れ時ではなく、書き入れ時と書きます。

いったい何を書き入れるのでしょうか?

実は、商人が関係しているのです。


商人は、商品が売れたら項目ごとに帳簿に書き入れていきます。

これから忙しくて帳簿に書き入れることが多くなる時ということに変化して、稼ぎ時、忙しい時期といった意味を示すようになりました。

私も、通帳に記入する項目がたくさん書き入れるほど、通帳の動きは忙しいものです。

もちろん、引き落としの項目ばかりですが・・・。(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。